【スポンサーリンク】

ゴードン・ヘイワード「僕が本当に興味を持ったのはアトランタだった」

ゴードン・ヘイワード「僕が本当に興味を持ったのはアトランタだった」

元NBAオールスターのゴードン・ヘイワードは、オフシーズン中にシャーロット・ホーネッツに移籍した。

ヘイワードにはアトランタ・ホークスへの移籍の噂も出ていたが、最終的にはホーネッツを選択。

ヘイワードによると、ホーネッツとホークスの他にも多くのNBAチームからオファーが届いていたという。

では、なぜホーネッツへの移籍を決断したのだろうか?

ヘイワードは当時を振り返り、次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

僕が本当に興味を持ったのはアトランタだった。

ニューヨークも候補だった。

ニックスだ。

インディアナにも興味を持っていたし、僕たちはしばらく互いに興味を持っていた。

ボストンも忘れてはいけないね。

ボストンにも戻りたかった。

選択肢はたくさんあったが、主に考えていたのはアトランタ、ニューヨーク、ボストン、インディアナ、そしてシャーロットだったんだ。

シャーロットについてたくさんの人々と話をした。

たくさんの元プレイヤーたちやチームメイトたちとね。

都市としてのシャーロットを悪く言う人はひとりもいなかった。

皆がシャーロットを愛しているんだ。

バスケットボールプレイヤーとしての僕のポテンシャルを最大限発揮できる場所で、新たなスタートを切りたいと思っていた。

フランチャイズが次のレベルに上がるのを助けるため、僕の能力を活かせる場所に行きたいと思っていた。

コーチングスタッフたちやフロントオフィスの人々、僕のエージェントや妻、そして家族と話していると、その思いがますます強くなっていった。

僕はそのチャレンジに共鳴したのさ。

コーチ・ボーレゴと話をするにつれ、「ここは僕が本当に行きたい場所だ」と考えるようになり、行動に移したんだ。

(セルティックスでは)僕にコントロールできないことがたくさんあった。

移籍後すぐに深刻な怪我を負い、シーズンを全休するなんて考えたこともなかった。

ものすごく落胆した。

昨季はすごく良くプレイできたと思うよ。

僕たちのチームは良いポジションにいたと思う。

だが、また怪我してしまった。

プレイオフ初戦だ。

正直に言うが、僕は復帰してプレイを続けるべきではなかった。

怪我をおしてプレイしたが、自分のプレイができなかった。

だから、チームとしては最高の状態ではなかったと思う。

ボストンで起きたことに後悔はない。

ファンのサポート、どんな時も僕をサポートしてくれたことに本当に感謝しているよ。

ヘイワードによると、昨季は左足に違和感がある状態でプレイし続け、シーズン終了後に手術を受けたという。

今季はNBAキャリアベストのパフォーマンスを見せ、チームに貢献しているヘイワード。

ホーネッツは現地21日の時点で6勝8敗と勝率5割を下回っているが、オールスターフォームを取り戻したヘイワードにはホーネッツを次のレベルに引き上げる働きを期待したい。

なお、ヘイワードの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数13654
平均出場時間34.530.9
平均得点22.2
(キャリアハイ)
15.4
平均リバウンド5.14.4
平均アシスト3.73.5
平均スティール1.21.0
平均ターンオーバー2.02.0
FG成功率49.3%45.2%
3P成功率40.9%36.7%
フリースロー成功率93.1%
(キャリアハイ)
82.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA