【スポンサーリンク】

フレッド・バンブリートが不調のラプターズについて「未知の領域」

2018-19シーズンのNBAチャンピオンであるトロント・ラプターズは今季、厳しい戦いを強いられている。

今季7試合を終えた時点で1勝6敗と、イースタン・カンファレンスワースト2位に留まっているラプターズ。

唯一勝利したのは再建中のニューヨーク・ニックス戦であり、プレイオフチームとの対戦はすべて落としている。

プレイオフ進出のためにも早急に立て直したいところだが、NBAキャリア5年目のフレッド・バンブリートによると、このような状況は経験したことがないという。

バンブリートはラプターズの現状について次のようにコメント。ca.nba.comが伝えている。

僕たちにとってほぼ未知の領域だ。

僕はこのような状況に置かれたことがない。

誰も僕たちを救ってくれない。

自分たちの力でやらなければならない。

魂を探さなければならないし、自分たちを鏡で見なければならない。

ラプターズはディフェンスに定評あるチームだが、今季の平均失点はイースタン・カンファレンス12位の112.0点。

サージ・イバカやマーク・ガソルといったディフェンスに定評あるプレイヤーたちの移籍も大きく影響しているだろうが、一刻も早くチームのアイデンティティを取り戻し、連勝街道に乗りたいところだろう。

なお、バンブリートの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数7238
平均出場時間35.624.2
平均得点20.610.8
平均リバウンド5.32.7
平均アシスト5.74.1
平均スティール1.61.1
平均ターンオーバー1.31.3
FG成功率44.1%41.4%
3P成功率39.1%39.3%
フリースロー成功率78.9%84.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA