【スポンサーリンク】

ヤニス・アンテトクンポがNBAファイナルを観戦したレブロン・ジェイムスについて「クレイジー」

ヤニス・アンテトクンポがNBAファイナルを観戦したレブロン・ジェイムスについて「クレイジー」

NBAを代表するスーパースターのレブロン・ジェイムスは、ミルウォーキー・バックスとフェニックス・サンズのNBAファイナル第5戦をコートサイドで観戦した。

ジェイムスは長年の親友であるクリス・ポールを応援するために会場に駆けつけたというが、ジェイムスはNBAファイナル常連のスーパースターであるため、観戦する姿に違和感を覚えたNBAファンは少なくないだろう。

NBAファイナル初出場のヤニス・アンテトクンポもそう感じていたようだ。

fadeawayworld.netによると、アンテトクンポはジェイムスがコートサイドで観戦していたことについて質問されると、以下のように答えたという。

彼が初めてファイナルに出場したのは2007年。

その時の僕はバスケットボールをやっていなかった。

それを考えるとクレイジーだよね。

もちろんレブロン・ジェイムスがいることには気付いていたよ。

彼は僕たちのベンチの向かい側に座っていたんだ。

彼と関わる機会はなかった。

彼とは関わらなかった。

僕は関わらない。

母がコートサイドに座っていたとしても、僕は関わらないだろう、

試合中はできる限り集中するように心がけているからね。

だが、クレイジーだ。

クレイジーなストーリーさ。

前日の夜、僕はスペースジャムを鑑賞したんだ。

そしたら彼が出ていて、その彼がコートサイドに座っていたのだからね。

今のNBAは、新世代への過渡期とも言われている。

アンテトクンポは今のNBAにおいて最も支配力のあるスーパースターのひとりであり、ジェイムスのように素晴らしいNBAキャリアを送るだろう。

コートサイドでNBAファイナルを観戦するジェイムスの姿は、まさに時代の変化を象徴しているのかもしれない。

なお、ジェイムスが初めてNBAタイトルをかけて戦った2007年のNBAファイナルのスタッツと、アンテトクンポのNBAファイナルのスタッツは以下の通りとなっている。

L・ジェイムスG・アンテトクンポ
出場試合数45
平均出場時間42.639.3
平均得点22.032.2
平均リバウンド7.013.0
平均アシスト6.85.6
平均スティール1.01.4
平均ブロックショット0.51.2
平均ターンオーバー2.01.6
FG成功率35.6%61.2%
3P成功率20.0%16.7%
フリースロー成功率69.0%59.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA