【スポンサーリンク】

アーロン・ゴードンがトレード要求について「フラストレーションが爆発したようなもの」

アーロン・ゴードンがトレード要求について「フラストレーションが爆発したようなもの」

NBA屈指の身体能力を誇るアーロン・ゴードンは先日、所属するオーランド・マジックにトレードを要求したと報じられた。

ゴードンは2014年のNBAドラフト4位でマジックに入団し、中心選手のひとりとして活躍。

だが、その間にマジックがNBAタイトルを狙えるレベルになったことは一度もなく、ゴードンの不満はシーズンを経るごとに増していたようだ。

ゴードンによると、マジックにトレードを要求した理由のひとつは長年のフラストレーションだという。

ゴードンはトレード要求について次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

フラストレーションを経営陣に伝えたこともあった。

負けること、怪我、僕たちのプレイ、何年も負け続けていることに対するフラストレーションだ。

(トレード要求は)フラストレーションが爆発したようなものさ。

僕と同じように、多くの人々がフラストレーションを感じていると思うよ。

マジックは2018-19シーズンと2019-20シーズンにNBAプレイオフに進出。

いずれもファーストラウンドで敗退したものの、今季はさらなる躍進が期待されていた。

だが、主力選手の負傷離脱なども影響し、現時点でイースタン・カンファレンス14位とNBAプレイオフ進出は絶望的な状況にある。

ゴードンは勝てない状況から脱するため、NBAタイトルコンテンダーへのトレードを望んでいるだろう。

だが、トレードの主導権はマジックにあり、ゴードンに移籍先を選ぶ権利はない。

しかし、新たなチームでNBAキャリアを前に進め、スター選手に成長したいところだ。

なお、ゴードンにはデンバー・ナゲッツなど複数のNBAチームが関心を持っていると報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA