【スポンサーリンク】

ベン・シモンズのシュートフォームについて高校時代の恩師が「変わってしまった」

ベン・シモンズのシュートフォームについて高校時代の恩師が「変わってしまった」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのNBAオールスター、ベン・シモンズは、NBAデビュー当時からシュートの問題を指摘されていた。

NBAキャリア4年目の今季も成長した姿を見せることができず、特にNBAプレイオフで激しくバッシングされてしまったシモンズ。

だが、シモンズの高校時代の恩師であるケビン・ボイルによると、シモンズはもともとシュートが苦手な選手ではなく、フリースローをうまく決めることができないのはメンタルの問題だという。

ボイルはシモンズについて次のようにコメント。bleacherreport.comが伝えている。

(フリースローの精度が低いのは)フィジカルの問題というより、メンタルの問題だと思う。

それを解決しなければならないことは分かっている。

高校を出た頃の彼のショットはかなり良かったと思うよ。

少し左に傾いて撃っていたが、ごくわずかだ。

フィリーに入団した時に何があったのかは分からないが、彼のフォームは本当に変わってしまった。

技術的に正しくない。

腕を広げすぎてしまっている。

良いとは思えないし、結果的に彼は自信を失ってしまったんじゃないかな。

シモンズは東京オリンピック出場を辞退し、オフシーズンを通してシュート練習に取り組むと報じられている。

シクサーズはシモンズのためにプランを用意し、改善に取り組むというが、その中にシュートフォームの調整は含まれているのだろうか?

シモンズにはこの夏の努力が報われ、来季はすべての批判を覆す活躍を期待したいところだ。

なお、シモンズの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数58275
平均出場時間32.433.9
平均得点14.3
(キャリアワースト)
15.9
平均リバウンド7.2
(キャリアワースト)
8.1
平均アシスト6.9
(キャリアワースト)
7.7
平均スティール1.61.7
平均ターンオーバー3.03.4
FG成功率55.7%56.0%
3P成功率30.0%
(キャリアハイ)
14.7%
フリースロー成功率61.3%59.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA