【スポンサーリンク】

カリス・レバート「トレードが僕を救ってくれた」

カリス・レバート「トレードが僕を救ってくれた」

NBAキャリア5年目のカリス・レバートは、先日の4チーム間トレードでインディアナ・ペイサーズに移籍した。

トレードに伴う身体検査で腎臓に小さな腫瘤が見つかったため、残念ながら無期限で離脱することとなってしまったものの、もしトレードが行わなければ腎臓に腫瘤抱えたままプレイし続け、健康上大きな問題となっていた可能性も否定できない。

レバートによると、トレードは望んでおらず、ネッツの一員としてプレイし続けたかったが、検査を受けるきっかけとなったトレードに感謝しているという。

レバートはペイサーズへのトレードについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

間違いなくクレイジーな数日間だったし、クレイジーなリカバリーになるだろう。

癌かどうかはまだ分かっていない。

検査結果を待っているところだ。

100%健康だと思っていたのだけれどね。

長い目で見ると、このトレードは僕を救ってくれたのかもしれない。

レバートによると、検査結果は1週間後に分かるという。

ペイサーズのゼネラルマネージャーは先日、レバートが手術を受ける可能性があることを明かした。

離脱期間については、楽観的に見ると6~8週間になるというが、すべては検査結果次第となるだろう。

レバートはまだ26歳と若く、将来性があるNBA選手であるため、悪い結果が出ないことを祈りたい。

なお、レバートの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数12225
平均出場時間27.825.9
平均得点18.513.1
平均リバウンド4.33.7
平均アシスト6.03.7
平均スティール1.11.1
平均ターンオーバー2.21.9
FG成功率43.5%43.3%
3P成功率34.9%33.9%
フリースロー成功率76.5%71.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA