【スポンサーリンク】

ユスフ・ナーキッチが骨折した手首の手術を受ける

ユスフ・ナーキッチが骨折した手首の手術を受ける

ポートランド・トレイルブレイザーズの先発センター、ユスフ・ナーキッチが、現地14日のインディアナ・ペイサーズ戦で右手首を骨折した。

当時、ナーキッチは手術を受ける予定であり、少なくとも8週間は離脱すると報じられたが、離脱期間は1週間程度短くなる模様。

ブレイザーズによると、ナーキッチは現地19日に骨折した右手を手術し、6週間後に再検査を受ける予定だという。

ナーキッチは手術後4週間は手首に添え木をして過ごす予定だ。

ナーキッチは昨季、足の怪我でNBAシーズンの大半を欠場。

今季もNBAもシーズン前半を欠場することとなり、2年連続で長期離脱を余儀なくされている。

また、今季は少なくともシーズンの3分の1以上となる25試合を欠場する予定であり、ボーナス獲得に必要な62試合出場という条件を満たすことができなくなってしまった。

ナーキッチが不在の間、エネス・カンターとハリー・ジャイルズにステップアップが求められるところだが、ザック・コリンズが負傷離脱中ということもあり、ロスターに空きがあるブレイザーズはビッグマンの補強に動く可能性がありそうだ。

ナーキッチの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数12330
平均出場時間23.323.1
平均得点9.811.7
平均リバウンド7.78.0
平均アシスト2.82.0
平均スティール0.90.9
平均ブロックショット0.91.3
平均ターンオーバー1.92.1
FG成功率48.5%49.1%
3P成功率25.0%12.5%
フリースロー成功率55.6%67.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA