【スポンサーリンク】

デニス・シュルーダー「ラッセル・ウェストブルックはモンスター」

デニス・シュルーダー「ラッセル・ウェストブルックはモンスター」

ワシントン・ウィザーズのNBAオールスター、ラッセル・ウェストブルックは、現地28日に行われた昨季NBA王者ロサンゼルス・レイカーズ戦で18得点、18リバウンド、14アシストを記録し、ウィザーズを勝利に導いた。

今季のウェストブルックはトリプルダブルを量産し、レイカーズ戦でNBAキャリア通算176回目のトリプルダブルを達成。

オクラホマシティ・サンダーでプレイしていたMVPシーズンを彷彿させるようなシーズンを送っているウェストブルックだが、サンダー時代に1シーズンだけウェストブルックと共にプレイしたデニス・シュルーダーによると、ウェストブルックはかつてのプレイを取り戻したという。

シュルーダーはウェストブルックについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

彼はまた髪を切ったね。

彼はオールド・ラッセル・ウェストブルックだ。

彼はモンスターさ。

ウェストブルックはターンオーバーの多さやシュートを多投することから、NBAアナリストから批判される傾向にある。

だが、今季のウェストブルックのパフォーマンスは彼がMVP選手だということを証明するものと言えるだろう。

ウィザーズはここ10試合で9勝1敗と絶好調。

ウェストブルックにはウィザーズを悲願のNBAプレイオフ進出に導くとともに、周囲の批判を覆してもらいたいところだ。

なお、ウェストブルックの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数55933
平均出場時間35.834.7
平均得点21.723.2
平均リバウンド11.2
(キャリアハイ)
7.3
平均アシスト11.0
(キャリアハイ)
8.5
平均スティール1.31.7
平均ターンオーバー5.04.1
FG成功率43.7%43.7%
3P成功率31.1%30.5%
フリースロー成功率63.0%
(キャリアワースト)
79.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA