【スポンサーリンク】

ジェイソン・ウィリアムスの発言に批判集まる

ジェイソン・ウィリアムスの発言に批判集まる

元NBAスターのジェイソン・ウィリアムスは先日、”バスケットボールの神様”ことマイケル・ジョーダンについて、「今のNBAではスコアリングに苦しむだろう」と発言した。

ウィリアムスによると、ジョーダンは相手がゲイリー・ペイトンならスコアリングできるが、ヤニス・アンテトクンポとブルック・ロペスがインサイドに控えているようなチームを相手にすると簡単にスコアリングできないという。

ジョーダンを軽視したウィリアムスのこの発言に、多くのNBAファンは怒りを覚えているのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、ウィリアムスの発言を受け、NBAファンは次のように反応しているという。

「彼は信用をすべて失った」

「ジェイソン・ウィリアムスはスコアリングの何を知っているんだ?」

「は?」

「ジョーダンはふたり(アンテトクンポとロペス)の上からダンクを決める」

「彼が思っていることなんて誰が気にするんだ?」

「彼は単にレブロンのファンなのさ」

「アキーム(・オラジュワン)相手にスコアリングできるなら、誰が相手でもスコアリングできる」

「ブルック・ロペスがカバーに入れば、MJはワイドオープンのミッドレンジジャンパーを30本決めるだろう」

当時のNBAと今のNBAとでは、ディフェンスのルールに大きな違いがある。

特にハンドチェックが厳しくなった今のNBAにおいて、ジョーダンはより容易にプレイすることができるだろう。

それを見ることは叶わないが、現役NBA選手たちがどう考えているのかも知りたいところだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    このネタって元NBA選手が何人も何人も同じ発言してるよな

*

CAPTCHA