【スポンサーリンク】

フランク・ボーゲルHCが不調のケンテイビアス・コールドウェル・ポープに「自信を持ってほしい」

フランク・ボーゲルHCが不調のケンテイビアス・コールドウェル・ポープに「自信を持ってほしい」

NBA連覇を目指すロサンゼルス・レイカーズはフェニックス・サンズとのファーストラウンド第2戦を制し、シリーズを1勝1敗のタイに戻した。

だが、NBA屈指のシューターであるケンテイビアス・コールドウェル・ポープが極度の不振に陥っている。

第1戦では3P成功率14.3%(1/7)、第2戦では0%(0/4)にとどまったコールドウェル・ポープ。

指揮官のフランク・ボーゲルHCによると、コールドウェル・ポープがシュートを決めるためにはチームでもっとボールを動かさなければならないという。

ボーゲルHCはコールドウェル・ポープについて次のようにコメント。talkbasket.netが伝えている。

オフェンスで彼がショットのリズムを掴むためには、我々はボールをうまく回さなければならない。

我々は彼にシュートを撃ち、決めてもらいたい。

無理強いはしたくないが、我々は彼に自信を持っている。

彼により多くのチャンスがある夜もあれば、そうではない夜もあるんだ。

彼の主な役割はディフェンスし、コートを走り、ダブルチームを仕掛けられた時のためにスペースをもたらすことだ。

ショットを多く撃つ夜もあれば、そうではない夜もある。

ただ、彼には自信を持ち続けてもらいたいね。

第2戦では3Pシュートを躊躇するシーンもあり、レブロン・ジェイムスから厳しく叱責されたコールドウェル・ポープ。

だが、ディフェンスでの貢献は非常に高く、第2戦のプラス/マイナスはレイカーズ最高のプラス19を記録した。

コールドウェル・ポープがリズムを取り戻すことができれば、レイカーズのオフェンスはより機能するようになるだろう。

コールドウェル・ポープにはホームで行われる第2戦と第3戦でリズムと自信を取り戻してもらいたいところだ。

なお、コールドウェル・ポープのファーストラウンド第1戦と第2戦のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦
出場時間34:5630:35
得点70
リバウンド24
アシスト21
スティール11
ターンオーバー00
FG成功率22.2%
(2/9)
0%
(0/4)
3P成功率14.3%
(1/7)
0%
(0/4)
フリースロー成功率100%
(2/2)
+/--9+19

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA