【スポンサーリンク】

ケビン・ラブが試合放棄行為をチームメイトたちに謝罪

ケビン・ラブが試合放棄行為をチームメイトたちに謝罪

クリーブランド・キャバリアーズのベテランフォワード、ケビン・ラブが、現地26日に行われたトロント・ラプターズ戦で癇癪を起こし、その後コートに復帰することはなかった。

キャブスが4点差を追っていた第3Q最終盤、ラブはラプターズの選手に背後から押されたのに腹を立てたのか、レフェリーから渡されたボールをはたき、ラプターズに追加の3点を許してしまったのだ。

ラブの試合を放棄したかのような行為によって流れがラプターズに傾いたと言っても過言ではないため、ラブは責任を感じたのかもしれない。

キャブスを指揮するJB・ビッカースタッフHCによると、ラブは試合後にチームメイトたちに謝罪したという。ビッカースタッフHCのコメントをcavsnation.comが伝えている。

その件についてはケビンに聞いてくれ。

我々はその件について話をした。

彼はチームメイトたちに謝罪したよ。

我々は前に進むだけだ。

コートに復帰させてもらえなかったラブは最後まで怒りを抑えることができなかったのか、試合終了のブザーを待たずにロッカールームに戻ったという。

若手中心に再建中のキャブスにとって、NBAチャンピオンの経験があるラブは貴重なベテランであり、メンターだ。

そのラブが試合放棄というありえない行為をしてしまったため、若手たちは間違いなく戸惑ったことだろう。

なお、ラブからボールを受け取るはずだったダリアス・ガーランドは、以下のように話した。

何が起こったのか分からない。

ソーシャルメディアで原因を探らなければならないね。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA