【スポンサーリンク】

マブスとネッツがスペンサー・ディンウィディを含むトレード交渉?

ダラス・マーベリックスはこのオフシーズン中にロスターを再編すると見られており、ルカ・ドンチッチとクリスタプス・ポルジンギスを除く全員がトレード対象になると報じられている。

マブスはドンチッチ、ポルジンギスと共にチームを牽引できるプレイヤーを探しているというが、ブルックリン・ネッツのスコアラーが候補のひとりに挙がった模様。

LegionHoopsによると、マブスはスペンサー・ディンウィディのトレード獲得を狙い、ネッツと交渉しているという。

ディンウィディはNBA屈指のスコアラーであり、マブスのオフェンスを牽引できる可能性がある。

だが、キャッチ&シュートではなくドリブルからスコアリングを狙うタイプのプレイヤーであり、ディンウィディを活かすためにはある程度ボールを持たせなければならない。

つまり、ドンチッチがボールを持つ機会が減る可能性があるため、その点が懸念されるところだ。

なお、ディンウィディの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数64317
平均出場時間31.225.7
平均得点20.6
(キャリアハイ)
12.9
平均リバウンド3.5
(キャリアハイ)
2.8
平均アシスト6.8
(キャリアハイ)
5.0
平均スティール0.60.7
平均ターンオーバー2.71.8
FG成功率41.5%41.0%
3P成功率30.8%31.8%
フリースロー成功率77.8%79.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA