【スポンサーリンク】

ウェイン・エリントンがロドニー・マグルーダーに対する攻撃に「プロがすることではない」

ウェイン・エリントンがロドニー・マグルーダーに対する攻撃に「プロがすることではない」

デトロイト・ピストンズのロドニー・マグルーダーは先日のゴールデンステイト・ウォリアーズ戦終了後、ウォリアーズの選手たちに攻撃的な態度をとり、一触即発の状態となった。

これを受け、クレイ・トンプソンは「あの男はもうすぐリーグから離れるだろう」、「ここから出て行け」などと厳しく批判。

ドレイモンド・グリーンも「ロドニー・マグルーダーを恐れる人間はひとりもいない」などとし、トンプソンに続いた。

彼らの発言に対し、ピストンズのウェイン・エリントンが反応した模様。clutchpoints.comが伝えている。

クレイジーだ。

まず第一に、ロドニーのプロフェッショナルキャリアをあのような形で攻撃するのは、プロがすることではないと思う。

彼はこのリーグにおいて最も謙虚で地味な男のひとりさ。

ロドニーがこのリーグでタフガイになろうとしたことは一度もないんだ。

マグルーダーが何が原因で怒っていたのかは分からないが、マグルーダーを厳しく批判したグリーンによると、ウォリアーズの選手たちとエリントンが試合中に口論を繰り広げたことが原因だったという。

だが、マグルーダーはその時コートに立っていなかった。

いずれにせよ、それぞれがそれぞれの仲間を守るための発言だったと言えるだろうが、次の対戦は双方にとって絶対に負けられない戦いになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA