【スポンサーリンク】

ジャレッド・ダドリー「NBA引退後はコーチかGMになりたい」

ジャレッド・ダドリー「NBA引退後はコーチかGMになりたい」

ロサンゼルス・レイカーズのベテランフォワード、ジャレッド・ダドリーは、今季終了後に完全FAになる。

レイカーズ移籍後のダドリーの出場機会は激減していることから、現在35歳のダドリーの頭にはNBA引退の文字がよぎっているだろう。

そのダドリーが、NBA引退後のプランを明かした模様。

ダドリーによると、NBAを引退した後はコーチかゼネラルマネージャーとして働きたいという。ダドリーのコメントをSB Nationが伝えている。

(NBA引退後は)コーチかGMだ。

気持ちはコーチングのほうに傾いている。

なぜなら、もし解雇されたとしてもアシスタントになれるからね。

テレビの仕事にも行ける。

ゼネラルマネージャーは少し違うかな。

僕はゼネラルマネージャーのようにチームをコントロールしたい。

だが、コーチとは違う。

なぜなら、GMになってから解雇された場合、アシスタントGMになれると思うかい?

難しいだろうね。

ダドリーによると、少なくともあと1年は現役を続けたいという。

出場機会はほとんどないものの、レイカーズの選手たちに愛され、信頼されているダドリー。

レブロン・ジェイムスはベテランのダドリーを高く評価しており、「チャンピオンシップチームにとってはダイヤモンド」のような存在と称賛している。

ダドリーがコーチもしくはゼネラルマネージャーになった時、現場とうまくコミュニケーションをとれる良い存在となるだろう。

なお、ダドリーの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数6898
平均出場時間3.722.3
平均得点0.57.4
平均リバウンド1.03.2
平均アシスト0.21.5
平均スティール00.8
平均ターンオーバー00.8
FG成功率100%%46.4%
3P成功率100%%39.3%
フリースロー成功率73.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA