【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンス「ケビン・デュラントはセンシティブ」

ケビン・デュラントとケンドリック・パーキンスはオクラホマシティ・サンダーでチームメイトだった時に友情を育み、良き友として過ごしていた。

だがパーキンスがNBAを引退し、アナリストに転向すると、かつての友情が嘘だったかのようにディスり合いを続けている。

そんな中、パーキンスが自身の状況に言及した模様。

パーキンスによると、自身はただ仕事をしているだけであり、デュラントが過剰に反応しているという。パーキンスのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

私は友人たちと今でもクールな関係だ。

NBAファミリー全員とクールな関係だ。

今でも電話できるし、ディナーにも行くし、楽しく過ごしている。

今も良い関係だ。

彼らは私の仕事のことを分かっている。

1人を除いてね。

その1人とはケビン・デュラントだ。

私は自分の仕事をしっかりやっているし、仲間たちに対して誠実であり続けている。

特に僕のことを知っている人々にはそうだ。

センシティブな男だけが怒り狂っている。

なぜなら、メディアの前で話をしなければならないからね。

サンダーを離れてからのデュラントは、事あるごとに批判されるようになってしまった。

その状況は今も変わらず、何か発言するたびに多くの批判にさらされている。

パーキンスもそのひとりだが、元チームメイトとして、元NBAプレイヤーとしてデュラントをサポートする姿勢をもっと見せてもらいたいところだ。

なお、パーキンスはNBA史上最高のスコアラーのひとりにデュラントを挙げている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA