【スポンサーリンク】

ステフィン・カリーがウォリアーズと延長契約を協議

ステフィン・カリーがウォリアーズと延長契約を協議

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、契約をあと2年残している。

2021-23シーズン終了後にFAになる予定だが、それ以降もウォリアーズのユニフォームを着てプレイすべく話し合いの席についているようだ。

カリーによると、ウォリアーズと延長契約を協議しているという。カリーのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

僕たちは話し合いをした。

すべてはテーブルの上にある。

僕は完全にコミットしているよ。

チームの展望を知りたいし、将来どうなっていくのか知りたい。

戦えるチームになりたいし、毎年チャンピオンを狙えるチームでありたい。

僕はその一部になりたいんだ。

カリーは昨季、手首の骨折によりシーズンの大半を欠場。

現在は完治し、100%の状態でNBA2020-21シーズンを迎えられる見込みだ。

もしウォリアーズがロスターを一度壊し、再建に踏み切るのであれば、カリーは延長契約を結ばないかもしれない。

つまり、カリーが延長契約を結んだ場合、ウォリアーズにロスタ^を壊す計画はないと見ていいだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA