【スポンサーリンク】

ドワイト・ハワード「タイリース・マキシーはマッドマックス」

ドワイト・ハワード「タイリース・マキシーはマッドマックス」

2020年のNBAドラフト21位でフィラデルフィア・セブンティシクサーズに入団したタイリース・マキシーは、シクサーズにとって重要なベンチ選手のひとりになりつつある。

常にアグレッシブにプレイするマキシーは、現地8日のデトロイト・ピストンズ戦で22得点、5リバウンド、4アシスト、2スティール、1スティールと躍動。

爆発力のあるプレイを時折見せるマキシーは、シクサーズにとってますます重要な選手のひとりに成長していくだろう。

ベテランセンターのドワイト・ハワードもマキシーの成長を楽しんでいるのかもしれない。

ハワードはマキシーについて次のようにコメント。talkbasket.netが伝えている。

僕は彼をマッドマックスと呼んでいるんだ。

彼はコートに出て大暴れする。

ドライブし、バスケットに向かっていく。

彼は感触を掴み始めているんじゃないかな。

バスケットボールゲームの感覚は少しずつ良くなっていると思うよ。

今季はルーキーにとって本当にタフなシーズンだ。

サマーリーグはなかったし、十分な練習もなかった。

彼は彼のプレイをし、出場時間を勝ち取っている。

ベン(・シモンズ)やセス(・カリー)のようにね。

彼はステップアップし、素晴らしい仕事をしてくれていると思う。

本当に彼を誇りに思うよ。

シクサーズはイースタン・カンファレンス首位の座を一時ブルックリン・ネッツに奪われたもののすぐに取り戻し、現在8連勝中と絶好調だ。

若いマキシーがNBAプレイオフで爆発的なプレイをすれば、シクサーズは勢いに乗り、悲願のNBAタイトル獲得に近づくだろう。

なお、マキシーの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツ
出場試合数57
平均出場時間14.8
平均得点7.6
平均リバウンド1.6
平均アシスト1.8
平均スティール0.4
平均ターンオーバー0.7
FG成功率46.1%
3P成功率29.5%
フリースロー成功率86.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA