【スポンサーリンク】

JR・スミスがNBA王者になったキャブスとレイカーズの違いについて「サイズ」

ベテランガードのJR・スミスは、NBAキャリア2個目となるチャンピオンリングを獲得した。

2019-20シーズン途中にレイカーズに加わり、レブロン・ジェイムスと共にクリーブランド・キャバリアーズに続いて2度目のNBAチャンピオンを経験したスミス。

では、スミスはNBAタイトルを獲得した当時のキャブスと今のレイカーズをどう見ているのだろうか?

スミスによると、今のレイカーズにはサイズがあり、さまざまなオプションがあるという。スミスのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

レイカーズにはサイズがある。

クリーブランドにはなかったものだ。

クリーブランドのほうが少しハードにプレイしていたし、ディフェンスもはるかに厄介だった。

だが、アンソニー・デイビスとドワイト(・ハワード)がいるレイカーズにはサイズがある。

ラインアップをマーキーフ(・モリス)に変更することもできる。

この多様性はクリーブランドにはなかった。

ロサンゼルスはいろんな方法でプレイできるが、クリーブランドはひとつのやり方でプレイしなければならなかった。

レイカーズはあまりにビッグだと思う。

コートにセンタープレイヤーを置かず、超攻撃的なラインアップのヒューストン・ロケッツ相手にカンファレンスセミファイナル第1戦を落とした後、レイカーズは、機動力があるデイビスを主に5番のポジションに置いた。

スモールラインアップへの変更とも報じられたが、実際のところレイカーズは全体的にサイズがあるチームであり、ジェイムスは当時、「チームにはサイズがある。スモールラインアップではない」と語っていた。

近年のNBAではビッグマンにもアウトサイドショットが求められているが、それと同様に機動力も求められることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA