【スポンサーリンク】

ステフィン・カリーがカマラ・ハリス副大統領にサイン入りジャージーを贈る

ステフィン・カリーがカマラ・ハリス副大統領にサイン入りジャージーを贈る

アメリカ合衆国第49代副大統領に、カマラ・ハリスが就任した。

ハリス副大統領はオークランド出身であり、ゴールデンステイト・ウォリアーズにとっても重要なひとりだ。

ウォリアーズによると、NBAスターのステフィン・カリーは現地20日、女性初のアメリカ副大統領に就任したハリスを祝福するため、カスタマイズしたサイン入りジャージーを贈ったという。

カリーは「マダム副大統領、ホワイトハウスのあなたのオフィスにこれを飾れとは言わない。だが、良いアイディアだと思うよ」とジョークを交えながらハリス副大統領を祝福した。

ウォリアーズは昨年11月の選挙結果を受けた時もハリス副大統領にサイン入りジャージーを贈呈。

つまり、ハリス副大統領は特製のサイン入りジャージーを2着手にしたことになる。

ウォリアーズはNBAチャンピオンになった時、ドナルド・トランプ体制に反対の意思を示すため、ホワイトハウスを訪問しなかった。

だが、同郷のハリス副大統領とホワイトハウスで祝福するため、ウォリアーズはハリス副大統領就任期間中にNBAチャンピオンに返り咲きたいところだ。

なお、昨季NBAチャンピオンのロサンゼルス・レイカーズはホワイトハウス訪問を計画していると報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA