【スポンサーリンク】

タイロン・ルーHC「ドノバン・ミッチェルの1on1にチャレンジしなければならない」

タイロン・ルーHC「ドノバン・ミッチェルの1on1にチャレンジしなければならない」

NBAタイトルコンテンダーのロサンゼルス・クリッパーズは、ダラス・マーベリックスとのファーストラウンドに続き、ユタ・ジャズとのカンファレンスセミファイナルでも0勝2敗と白星を先行された。

シリーズを逆転するためにも現地12日の第3戦は勝利したいところだが、クリッパーズを指揮するタイロン・ルーHCによると、NBA屈指のスコアラーであるドノバン・ミッチェルと今季のNBAシックスマン・オブ・ザ・イヤーであるジョーダン・クラークソンを1on1ディフェンスで止めることが大きな鍵になるという。

ルーHCは第3戦に向け、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

ドノバンがボールを持った時、我々は1on1でチャレンジしなければならない。

彼だけではないね。

他の選手にもドリブルでやられてしまっている。

彼らが積極的にアタックを仕掛けてきているから、我々はヘルプに行かなければならない。

そうするとパスを出され、3ポイントを撃たれてしまっている。

1on1でチャレンジし、個人のディフェンスでもっと良い仕事をしなければならない。

それだ第一だ。

彼らはドライブからキックアウトしている。

ペイント内に侵入し、プレイメイクしている。

我々は彼らをコントロールしなければならないんだ。

クリッパーズはカンファレンスセミファイナルで敗退した場合、ロスターを再編成すると噂されている。

レナードを手放さないためにも、クリッパーズはジャズとのシリーズは絶対に勝利し、フランチャイズ初となるNBAチャンピオンに向けて弾みをつけたいところだろう。

クリッパーズの選手たちがミッチェルとクラークソンのドライブにどう対抗し、封じるのか注目が集まるところだ。

なお、カンファレンスセミファイナルにおけるミッチェルとクラークソンの平均スタッツは以下の通りとなっている。

D・ミッチェルJ・クラークソン
出場試合数22
平均出場時間37.927.5
平均得点41.021.0
平均リバウンド3.01.5
平均アシスト4.51.5
平均スティール0.50.5
平均ターンオーバー3.01.0
FG成功率52.5%45.5%
3P成功率44.4%52.2%
フリースロー成功率80.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA