【スポンサーリンク】

スティーブン・アダムスが古巣サンダーについて「また会えるからそれでいい」

ベテランセンターのスティーブン・アダムスは、先日のトレードでオクラホマシティ・サンダーからニューオーリンズ・ペリカンズに移籍した。

サンダーでNBAキャリア7年を過ごしたアダムスにとって初めてのトレードであり、サンダーファンはアダムスの移籍を悲しんでいるだろう。

そんな中、アダムスがトレードに言及した模様。fadeawayworld.netが伝えている。

すべてはビジネスの一部だから、トレードされることもあるさ。

だが、難しいことではないよ。

難しいのは関係を築き上げることだ。

それから前に進まなければならない。

ただ、僕が死んだとかそういったわけではない。

彼らにはまた会えるから、それでいいんだ。

OKCで良い時間を過ごしたが、ここに来たことに興奮しているよ。

ペリカンズの主力の多くは20代前半であるため、26歳のアダムスにはリーダーシップも求められる。

サンダーで偉大なプレイヤーたちと共にプレイし、多くを学んだアダムスには、ペリカンズをNBAプレイオフに導く貢献を期待したいところ。

ただ、アダムスは大食漢で知られているだけに、ニューオーリンズの美味しい食べ物の誘惑に負けないことを祈りたい。

なお、アダムスの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数63530
平均出場時間26.726.8
平均得点10.99.8
平均リバウンド9.37.6
平均アシスト2.3
(キャリアハイ)
1.2
平均スティール0.80.9
平均ブロックショット1.11.0
平均ターンオーバー1.51.4
FG成功率59.2%58.9%
フリースロー成功率58.2%55.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA