【スポンサーリンク】

ディアンドレ・ジョーダンがジェイムス・ハーデンとの口論について「ネガティブなことはない」

ディアンドレ・ジョーダンがジェイムス・ハーデンとの口論について「ネガティブなことはない」

ブルックリン・ネッツは現地10日、インディアナ・ペイサーズに勝利し、連敗を3で止めた。

ネッツはディフェンスを課題としており、7試合連続で120失点以上を喫していたものの、ペイサーズ戦は94失点に抑えてみせた。

その原動力となったのが、センターのディアンドレ・ジョーダンだ。

ジョーダンは先日の試合中にジェイムス・ハーデンと口論を繰り広げ、それがさまざまな憶測を呼んだが、互いに意見を言い合ったからこそペイサーズ戦の活躍があったのかもしれない。

ジョーダンはハーデンとの口論について次のようにコメント。nypost.comが伝えている。

僕たちはコンペティターだ。

このチームの全員、すべてのコーチ、多くの男たちがこのリーグでプレイしてきた。

僕たちのチームには最後に頂点に到達したいというベテランがたくさんいる。

感情は飛び交うものだし、ネガティブなことは何もない。

2人の男、僕たちは勝利を求めている。

試合中に正しい方法とスキームを見つけ、調整する。

そのための話し合いだったと思うよ。

多くのことが大げさに報じられているが、そのうちのいくつかにおいて君たちは間違っている。

そのうちのいくつかは話題を集めようとしているだけだ。

多くはゲームがヒートアップしている中での議論だ。

分かるかい?

ネガティブなことは何もない。

ジョーダンによると、彼はコートの外では口数が多い方ではないが、コートの上では常に言葉を発しているという。

ペイサーズ戦ではオールスタービッグマンのマイルズ・ターナーをわずか3得点、3リバウンドに抑えたジョーダン。

インサイドのディフェンスの鍵を握るジョーダンがフィットすれば、ネッツはますますNBAチャンピオンに近づくだろう。

なお、ジョーダンの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数26901
平均出場時間21.227.6
平均得点7.09.4
平均リバウンド7.010.7
平均アシスト1.81.0
平均スティール0.30.6
平均ブロックショット1.41.6
平均ターンオーバー1.71.4
FG成功率78.6%
(キャリアハイ)
67.2%
3P成功率9.1%
フリースロー成功率52.6%47.4%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    動画を見た限りジョーハリスの心労の方が心配だ

*

CAPTCHA