【スポンサーリンク】

モンティ・ウィリアムスHCがクリス・ポールをベンチに下げた理由について「見ていられなかった」

モンティ・ウィリアムスHCがクリス・ポールをベンチに下げた理由について「見ていられなかった」

フェニックス・サンズは現地25日、昨季NBA王者ロサンゼルス・レイカーズとのファーストラウンド第2戦を落とし、シリーズを1勝1敗のタイに戻された。

終盤には1点を争う熱戦となったものの、重要な場面でレブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビスに得点を許し、連勝することができなかったサンズ。

シリーズ第1戦で肩を負傷したクリス・ポールは本調子ではなく、指揮官のモンティ・ウィリアムスHCは試合最後の7分間はポールをコートに立たせなかった。

もしポールがコートに立っていたら違う結果になっていたかもしれないが、ウィリアムスHCによると、痛みに絶えながらプレイしているポールの姿を見るのが辛かったという。ウィリアムスHCのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

すべて私の責任だ。

彼は腕を抱えながらプレイしていた。

そのようにして走っている彼を見ていられなかった。

彼はプレイし、戦っていた。

彼は戦士だ。

我々全員がそれを知っている。

彼をコートから出す決定を下したのは私だ。

肩の負傷後のポールはボールをうまく扱うことができず、明らかに問題を抱えているように見えた。

NBAプレイオフを勝ち抜くためにポールの力が不可欠なのは間違いない。

だが、ポールが十分が状態でプレイできない時はキャメロン・ペインなどバックアップメンバーたちがステップアップし、レイカーズにタフな試合を強いるだろう。

なお、ポールのファーストラウンド第1戦と第2戦のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦
出場時間36:1022:47
得点76
リバウンド43
アシスト85
スティール10
ターンオーバー13
FG成功率37.5%
(3/8)
40.0%
(2/5)
3P成功率100%
(1/1)
フリースロー成功率50.0%
(2/4)
+/-+6-2

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA