【スポンサーリンク】

PJ・タッカーがオプション破棄でFAに

PJ・タッカーがオプション破棄でFAに

昨年のオフシーズン中にミルウォーキー・バックスからマイアミ・ヒートに移籍したPJ・タッカーは、NBA屈指のディフェンダーのひとりだ。

ヒートがレギュラーシーズントップの成績でNBAプレイオフに進出できたのは、タッカーの貢献によるところも大きいだろう。

そのタッカーが完全FAになる模様。

The Athleticの記者によると、タッカーは2022-23シーズンの740万ドルのプレイヤーオプションを破棄し、完全FAになるという。

タッカーは37歳という年齢ではあるが、今もNBAトップクラスのディフェンダーだ。

バックス時代にはNBAタイトル獲得に貢献したこともあり、ディフェンスの改善を必要とする多くのNBAチームがタッカーにアプローチするだろう。

一方、ヒートもタッカーと再契約すべく最善を尽くすと見られている。

とはいえ、ヒートはタッカーに4年契約をオファーすることができるものの、タッカーの年齢を踏まえると4年契約は避けたいところだろう。

果たしてタッカーはどのNBAチームのユニフォームを着て来季開幕を迎えるのだろうか?

なお、タッカーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数71777
平均出場時間27.929.0
平均得点7.67.1
平均リバウンド5.55.6
平均アシスト2.1
(キャリアハイ)
1.5
平均スティール0.81.1
平均ターンオーバー0.91.0
FG成功率48.4%42.5%
3P成功率41.5%
(キャリアハイ)
36.4%
フリースロー成功率73.8%74.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA