【スポンサーリンク】

スティーブ・ナッシュHCがPJ・タッカーのタフなディフェンスに「アジャストしないと」

スティーブ・ナッシュHCがPJ・タッカーのタフなディフェンスに「アジャストしないと」

ブルックリン・ネッツはミルウォーキー・バックスとのNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第1戦と第2戦を制して好スタートを切ったものの、その後アウェイで2連敗し、2勝2敗のタイに戻された。

シリーズ第4戦ではカイリー・アービングが怪我で途中離脱したこともあり、バックスはケビン・デュラントに対していつも以上にタフなディフェンスを仕掛けると、デュラントのFG成功率を36.0%(9/25)、3P成功率をわずか12.5%(1/8)に抑えることに成功。

中でも執拗なディフェンスを仕掛けたのが、シーズン途中のトレードでバックスに加わったPJ・タッカーだ。

ネッツを指揮するスティーブ・ナッシュHCによると、タッカーのディフェンスがデュラントのオフェンスを難しくしているという。

ナッシュHCはタッカーについて次のようにコメント。RealGMが伝えている。

彼(タッカー)は非常にフィジカルにプレイし、我々のオフェンスを難しくしている。

彼らのチームにおいて、それが彼の役割だ。

時々バスケットボールではないようなフィジカルなプレイがあったと思う。

だが、それがプレイオフさ。

我々はアジャストしなければならない。

足首を捻挫したカイリー・アービングとハムストリングの怪我で離脱中のジェイムス・ハーデンが、シリーズ第5戦を欠場することが決まった。

つまり、デュラントはますます厳しいディフェンスにさらされるだろう。

ナッシュHCがタッカーをはじめとしたバックスのディフェンスにどう対応し、戦略を立てるのか注目が集まるところだ。

なお、デュラントのNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第1戦から第4戦のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦第3戦第4戦
出場時間40:0632:5142:5241:54
得点29323028
リバウンド1041013
アシスト3655
スティール1141
ブロックショット2111
ターンオーバー3345
FG成功率48.0%
(12/25)
66.7%
(12/18)
39.3%
(11/28)
36.0%
(9/25)
3P成功率25.0%
(1/4)
66.7%
(4/6)
37.5%
(3/8)
12.5%
(1/8)
フリースロー成功率100%
(4/4)
80.0%
(4/5)
83.3%
(5/6)
90.0%
(9/10)
+/-+14+27-6-23

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA