【スポンサーリンク】

カイル・クーズマ「トレードされたかった」

カイル・クーズマ「トレードされたかった」

ロサンゼルス・レイカーズでNBAキャリア4年を過ごしたカイル・クーズマは、先日のトレードでワシントン・ウィザーズに移籍した。

レイカーズではレブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビスに次ぐ働きが期待されたものの、安定したパフォーマンスを見せることができなかったクーズマ。

シーズン中にはレイカーズファンから「彼をトレードしろ」などと批判されてしまったが、そもそもクーズマ自身がトレードを望んでいたという。

クーズマは自身について次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕としてはトレードされたかった。

羽ばたくことができる状況に身を置きたかった。

以前のような軌道に乗ることを望んでいたんだ。

デイビスがレイカーズに加わってから、クーズマの出場時間は顕著に減少した。

NBA選手として成長するにはコートでプレイすることが不可欠であり、クーズマはその機会を奪われてしまったとも言えるだろう。

ウィザーズではより長い出場時間を得られる見込みであり、かつてのパフォーマンスを取り戻す大きなチャンスとなるのは間違いない。

クーズマにはレイカーズでできなかったことにチャレンジし、ブラッドリー・ビールと共にウィザーズを牽引する選手に成長してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA