【スポンサーリンク】

デニス・シュルーダーのダーティープレイに批判集まる

デニス・シュルーダーのダーティープレイに批判集まる

この夏にボストン・セルティックスと契約したデニス・シュルーダーは、闘志を全面に出してプレイするタイプのNBA選手だ。

そのシュルーダーが闘志を間違った方向に出してしまった模様。

シュルーダーは現地15日に行われたマイアミ・ヒートとのNBAプレシーズンゲームでジミー・バトラーに向かって足を突き出し、転倒させようとしたのだ。

fadeawayworld.netによると、シュルーダーのこのダーティープレイを受け、多くのNBAファンがシュルーダーに批判を浴びせているという。

もしバトラーが怪我していたら、シュルーダーはダーティープレイヤーとして評価されるようになり、さらなる集中砲火を浴びていたことだろう。

一方、ノールックでシュルーダーの引っ掛けを交わしたバトラーの反射神経も素晴らしい。

なお、このプレイを受け、オフィシャルはシュルーダーにフレイグラントファウル1をコールした。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    バトラーが先に踏んでただろってシュルーダーもアピールしてたんだけどね…。ノールック、反射神経でかわしたなんて…プレーを見てたら口が裂けても言えないと思いますけど。

  2. By 匿名

    でもこの足引っ掛けの前にバトラーもめっちゃ長い間シュラーダーの足を意図的に踏んでたしな。ここだけ切り取られるのは可哀想ではある。

*

CAPTCHA