【スポンサーリンク】

ラバー・ボール「マジックがコーチだったらロンゾはまだレイカーズにいた」

2017年のNBAドラフト2位でロサンゼルス・レイカーズに入団したロンゾ・ボールには、レイカーズを牽引するスーパースターへの成長が期待されていた。

だが、レイカーズでの2年間を通して期待に応えることができず、昨年夏のトレードでニューオーリンズ・ペリカンズに移籍。

しかし、父ラバー・ボールはむしろトレードを喜んでいたのかもしれない。

ラバー・ボールは息子ロンゾ・ボールのトレードを振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

どこにいようと関係ない。

コーチがサポートしてくれ、やるべきことをやらせてくれる場所にいなければならない。

もしマジック(・ジョンソン)がコーチだったら、ロンゾは今もあの場所にいただろうね。

当時のレイカーズを指揮していたのは、現在サクラメント・キングスのヘッドコーチを務めているルーク・ウォルトン。

だが、NBAスーパースターのレブロン・ジェイムスが加わると、ロンゾ・ボールの出場時間は減少。

ラバー・ボールはウォルトンの起用法に不満を漏らしていたが、ウォルトンがロンゾ・ボールを信頼していなかったというわけではなく、優先度がジェイムスに変わったことが大きな要因だろう。

ジョンソンがヘッドコーチだったとしても、結果は変わらなかったかもしれない。

いずれにせよ、ロンゾ・ボールにはレイカーズを脅かすプレイヤーに成長してもらいたいところだ。

なお、ロンゾ・ボールのレイカーズでの2シーズンとペリカンズでの1シーズンのスタッツは以下の通りとなっている。

レイカーズペリカンズ
出場試合数9963
平均出場時間32.432.1
平均得点10.011.8
平均リバウンド6.26.1
平均アシスト6.47.0
平均スティール1.61.4
平均ターンオーバー2.43.1
FG成功率38.0%40.3%
3P成功率31.5%37.5%
フリースロー成功率43.7%56.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA