【スポンサーリンク】

アウト・オブ・バウンズのリプレイルールが正式変更

アウト・オブ・バウンズのリプレイルールが正式変更

NBAゲームの第4Qとオーバータイムの残り2分間でアウト・オブ・バウンズがあった場合、レフェリーはどちらのチームのポゼッションか映像で確認することができた。

だが、NBA2021-22シーズンはこのルールが変更される模様。

RealGMによると、NBA理事会による投票の結果、インスタントリプレイルールのルール変更が承認されたという。

これにより、第4Qとオーバータイムの残り2分間にアウト・オブ・バウンズがあった場合、レフェリーは映像による確認ができなくなる。

だが、その代わりにコーチのチャレンジによって確認できるようになる。

ただし、来季は試験的な位置づけとなり、もし何か不具合などがあればさらなる調整が加えられることになるだろう。

試合残り2分間にアウト・オブ・バウンズがあった場合、これまでは頻繁に映像による確認が行われてきた。

それがゲームの進行の妨げになり、多くのNBAファンは停滞するゲームにうんざりしていたという。

今回のルール変更は、NBAファンやゲームを放送するメディアにとって歓迎すべき変更と言えそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA