【スポンサーリンク】

バイアウト市場で注目のNBA選手11人は?

バイアウト市場で注目のNBA選手11人は?

トレード期限が過ぎ、今後はバイアウト市場に注目が集まる。

トレードでロスターを補強することができなかったNBAチームは、バイアウト市場で戦力を探すことになるだろう。

では、現時点でどのNBA選手に注目が集まっているのだろうか?

fadeawayworld.netによると、以下の11人がバイアウトされる可能性がある注目のNBA選手だという。

デニス・シュルーダー

先日のトレードでボストン・セルティックスからヒューストン・ロケッツに移籍。

今季限りで契約満了のシュルーダーは、バイアウトされる可能性が高いと見られている。

もしバイアウトされた場合、ロンゾ・ボールとアレックス・カルーソが負傷離脱中のシカゴ・ブルズ、ポイントガードのポジションが薄いユタ・ジャズ、昨季所属チームのロサンゼルス・レイカーズが獲得を狙うと噂されている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数49606
平均出場時間29.226.5
平均得点14.414.3
平均リバウンド3.32.9
平均アシスト4.24.7
平均スティール0.80.8
平均ターンオーバー2.12.4
FG成功率44.0%43.6%
3P成功率34.9%33.8%
フリースロー成功率84.8%83.2%

ゴーラン・ドラギッチ

先日のトレードでトロント・ラプターズからサンアントニオ・スパーズに移籍。

昨年夏のトレードでラプターズに加わった時からバイアウトの噂が出ており、ラプターズでは5試合の出場にとどまった。

ドラギッチにはミルウォーキー・バックスなど多くのNBAプレイオフチームが関心を持っているため、もしバイアウトが成立すれば、ドラギッチはNBAタイトル獲得を狙えるチームと契約する可能性が高いと見られている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数5872
平均出場時間18.027.9
平均得点8.013.9
平均リバウンド2.83.1
平均アシスト1.84.8
平均スティール1.01.0
平均ターンオーバー0.22.3
FG成功率38.2%46.2%
3P成功率28.6%36.4%
フリースロー成功率100%76.7%

ゲイリー・ハリス

ハリスにはトレードの噂が出ていたものの、オーランド・マジックはトレードしなかった。

だが、再建中のマジックはハリスを長期的なピースとして見ていないとされ、バイアウトする可能性が高いと報じられている。

スコアリング能力があるハリスに関心を持つNBAチームは必ず現れるだろう。

2021-22NBAキャリア
出場試合数50457
平均出場時間29.428.9
平均得点11.411.9
平均リバウンド2.22.5
平均アシスト1.92.1
平均スティール0.91.2
平均ターンオーバー1.01.2
FG成功率44.0%44.9%
3P成功率38.1%36.2%
フリースロー成功率84.6%
(キャリアハイ)
80.9%

エリック・ブレッドソー

先日のトレードでロサンゼルス・クリッパーズからポートランド・トレイルブレイザーズに移籍。

ブレイザーズは今年の夏にデイミアン・リラードを中心としたロスター構築を本格化すると見られているため、来季まで契約を残しているブレッドソーをバイアウトで放出する可能性は高いと報じられている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数54756
平均出場時間25.227.8
平均得点9.913.7
平均リバウンド3.43.9
平均アシスト4.24.7
平均スティール1.31.4
平均ターンオーバー2.12.5
FG成功率42.1%45.2%
3P成功率31.3%33.6%
フリースロー成功率76.1%78.4%

ロビン・ロペス

ロペスにはトレードの噂が出ていたものの、実現には至らなかった。

今季26試合の出場にとどまっているロペスはバイアウト候補として見られている。

もしマジックがロペスをバイアウトで放出した場合、ゴールデンステイト・ウォリアーズやダラス・マーベリックスなどインサイドに厚みを必要としているNBAチームが獲得を狙うと噂されている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数26929
平均出場時間17.722.0
平均得点7.98.8
平均リバウンド3.74.9
平均アシスト1.70.8
平均スティール0.0
(キャリアワースト)
0.2
平均ブロックショット0.5
(キャリアワースト)
1.1
平均ターンオーバー1.31.1
FG成功率56.9%53.7%
3P成功率40.0%
(キャリアハイ)
29.6%
フリースロー成功率57.9%74.3%

トリスタン・トンプソン

先日のトレードでサクラメント・キングスからインディアナ・ペイサーズに移籍。

だが、トンプソンはドマンタス・サボニスのサラリーにマッチするためにトレード要員にされたと見られているため、バイアウトの可能性は高い。

ペイサーズがトンプソンをバイアウトで放出した場合、シカゴ・ブルズが獲得を狙うと噂されている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数31704
平均出場時間15.227.2
平均得点6.09.1
平均リバウンド5.3
(キャリアワースト)
8.5
平均アシスト0.61.0
平均スティール0.40.5
平均ブロックショット0.40.7
平均ターンオーバー1.01.2
FG成功率49.4%51.7%
フリースロー成功率53.3%60.7%

DJ・オーガスティン

ヒューストン・ロケッツは先日のトレードでデニス・シュルーダー、エネス・カンター・フリーダム、ブルーノ・フェルナンドを獲得。

その後ロスターに空きを設けるため、オーガスティンをウェイブした。

現時点でオーガスティン獲得を狙うNBAチームは見られないが、経験豊富なベテランガードを必要とするチームは現れるだろう。

2021-22NBAキャリア
出場試合数34955
平均出場時間15.023.5
平均得点5.4
(キャリアワースト)
9.6
平均リバウンド1.2
(キャリアワーストタイ)
1.9
平均アシスト2.2
(キャリアワーストタイ)
3.9
平均スティール0.3
(キャリアワースト)
0.6
平均ターンオーバー1.31.5
FG成功率40.4%41.1%
3P成功率40.6%38.0%
フリースロー成功率86.8%86.7%

フアン・エルナンゴメス

先日のトレードでユタ・ジャズに移籍。

先日の試合でジャズデビューを果たしたものの、出場時間は約1分にとどまり、現時点ではバイアウト候補として見られている。

バイアウトされた場合、母国スペインに帰国する可能性があるとも報じられている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数24281
平均出場時間6.215.5
平均得点1.1
(キャリアワースト)
5.3
平均リバウンド1.7
(キャリアワースト)
3.4
平均アシスト0.3
(キャリアワースト)
0.6
平均スティール0.2
(キャリアワーストタイ)
0.4
平均ターンオーバー0.30.5
FG成功率21.2%
(キャリアワースト)
42.4%
3P成功率14.3%
(キャリアワースト)
34.4%
フリースロー成功率69.2%69.3%

トマス・サトランスキー

先日のトレードでサンアントニオ・スパーズに移籍。

サトランスキーには今季を通してバイアウトの噂が出ており、若手中心のスパーズでもバイアウト候補として見られている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数32365
平均出場時間15.022.4
平均得点2.87.0
平均リバウンド2.02.9
平均アシスト2.44.0
平均スティール0.4
(キャリアワースト)
0.8
平均ターンオーバー0.71.3
FG成功率29.9%
(キャリアワースト)
46.7%
3P成功率16.1%
(キャリアワースト)
35.6%
フリースロー成功率76.0%81.9%

ベン・マクレモア

アウトサイドシュートに定評あるマクレモアは、ポートランド・トレイルブレイザーズで重要な一員として活躍している。

だが、今年夏にロスターの大改革を予定しているブレイザーズがタンクを決定した場合、マクレモアをバイアウトで放出する可能性がある。

2021-22NBAキャリア
出場試合数40532
平均出場時間18.622.5
平均得点9.18.9
平均リバウンド1.62.3
平均アシスト0.81.0
平均スティール0.40.6
平均ターンオーバー0.71.1
FG成功率39.6%41.4%
3P成功率37.7%36.5%
フリースロー成功率79.4%77.6%

ポール・ミルサップ

先日のトレードでフィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍。

シクサーズがミルサップを戦力として見ているかは分からないが、もしバイアウトされた場合、現役を引退しないのであればNBAタイトルコンテンダーとの契約を望むと見られている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数241076
平均出場時間11.328.2
平均得点3.4
(キャリアワースト)
13.5
平均リバウンド3.7
(キャリアワースト)
7.1
平均アシスト1.02.2
平均スティール0.2
(キャリアワースト)
1.2
平均ブロックショット0.5
(キャリアワースト)
1.0
平均ターンオーバー0.51.7
FG成功率37.6%
(キャリアワースト)
48.9%
3P成功率22.2%34.1%
フリースロー成功率70.6%73.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA