【スポンサーリンク】

ポール・ピアース「ESPNではいつもレブロン・ジェイムスの話をしなければならなかった」

ポール・ピアース「ESPNではいつもレブロン・ジェイムスの話をしなければならなかった」

元NBAスターのポール・ピアースは、現役引退後にESPNのアナリストに就任した。

だが、SNSのライブ配信を通して不適切な映像を流すと、ESPNは今年4月にピアースを解雇。

その後のピアースはESPNを批判し続けているが、ピアース自身もESPNで働きたくないと感じていたのかもしれない。

ピアースはESPNでの仕事について次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

いずれにせよ、彼らとはもう終わった。

僕には合わなかった。

あそこでは言えないことがたくさんあった。

それに、いつもレブロン(・ジェイムス)のことを話さなければならなかったんだ。

僕は違法なことは何もやっていない。

殿堂入りした人間の中には薬をやっていた人間もいれば、暴行の過去がある人間もいる。

僕が何をしたっていうんだ?

僕は良い時間を過ごしていただけだ。

僕の後に続く人々も同じことをやっている。

隠しているだけさ。

そんなことをやっているのに結婚している。

僕は離婚した。

引退した。

楽しんでいる。

それだけさ。

ESPNでの仕事には出張が付きものであり、ピアースは長距離移動を伴う出張を嫌っていたという。

一方、ESPNの上層部はピアースの仕事に対する姿勢に疑念を感じ、以前から関係を解消したがっていたと報じられている。

解雇のきっかけはピアースのライブ配信だったが、遅かれ早かれピアースとESPNは決別していただろう。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ヤケクソ逆ギレ言い訳しててめっちゃ笑った笑

*

CAPTCHA