【スポンサーリンク】

ペリカンズとグリズリーズがエリック・ブレッドソーのトレード交渉か?

ペリカンズとグリズリーズがエリック・ブレッドソーのトレード交渉か?

ニューオーリンズ・ペリカンズはこのオフシーズン中にエリック・ブレッドソー、もしくはスティーブン・アダムスをトレードを放出すると見られている。

つい先日はアダムスのトレードの可能性が報じられたわけだが、トレードされるのはブレッドソーなのかもしれない。

yahoo.comによると、ペリカンズはブレッドソーのトレードをメンフィス・グリズリーズと交渉しており、NBAドラフト17位指名権を獲得すべく交渉を進めているという。

なお、ペリカンズはブレッドソーとNBAドラフト10位指名権をパッケージにして交渉していると報じられている。

ブレッドソーの来季の契約金は1810万ドルとなっており、ペリカンズにとってはサラリーキャップに余裕を持たせるためのトレードとなるだろう。

このトレードによりサラリーキャップに余裕を持たせ、完全FAになるトロント・ラプターズのカイル・ラウリー獲得を狙うと噂されている。

また、もしペリカンズがアダムスもトレードで放出する場合、サラリーキャップにさらに余裕が生じるため、ロンゾ・ボールに再契約をオファーする可能性があると報じられている。

ブレッドソーの2020-21シーズンとNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2020-21NBAキャリア
出場試合数71702
平均出場時間29.728.0
平均得点12.214.0
平均リバウンド3.43.9
平均アシスト3.84.7
平均スティール0.8
(キャリアワーストタイ)
1.4
平均ターンオーバー1.62.5
FG成功率42.1%45.3%
3P成功率34.1%33.7%
フリースロー成功率68.7%78.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA