【スポンサーリンク】

キャブスがトレードでアンドリュー・ウィギンス獲得を狙う?

キャブスがトレードでアンドリュー・ウィギンス獲得を狙う?

NBAプレーオフ進出を逃したクリーブランド・キャバリアーズは、このオフシーズン中にロスターを調整すると見られている。

キャブスは複数のポジションでプレイできるウィングの選手を求めているというが、候補のひとりはかつてキャブスがNBAドラフト1位で指名した選手なのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、キャブスの組織内では、2014年のNBAドラフト1位で指名したアンドリュー・ウィギンスがトレード獲得候補に挙がっているという。

キャブスは2014年のNBAドラフト1位でウィギンスを指名したものの、その後ケビン・ラブを含むトレードでミネソタ・ティンバーウルブズに放出した。

ウォリアーズはジョーダン・プールとの契約を控えており、サラリーキャップの問題を解消するためにウィギンスをトレードで放出する可能性があると報じられている。

もしウィギンスがトレード市場に出た場合、キャブス以外にも多くのNBAチームがウィギンス獲得を狙うだろう。

果たしてキャブスはウィギンスを取り戻し、NBAプレーオフ復帰に弾みをつけることができるだろうか?

なお、ウィギンスの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数73598
平均出場時間31.935.0
平均得点17.219.3
平均リバウンド4.54.4
平均アシスト2.22.3
平均スティール1.01.0
平均ターンオーバー1.52.0
FG成功率46.6%44.8%
3P成功率39.3%
(キャリアハイ)
35.0%
フリースロー成功率63.4%
(キャリアワースト)
72.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA