【スポンサーリンク】

ザック・ラビーン「医療スタッフの指示に従う」

ザック・ラビーン「医療スタッフの指示に従う」

シカゴ・ブルズのNBAオールスター、ザック・ラビーンは先日、左手親指の靭帯を部分断裂していることを明かした。

ラビーンは手術を受けず、怪我を負ったままプレイすることを決断したというが、もしブルズの医療スタッフにストップをかけられたら、素直に従うという。

ラビーンは自身について以下のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

もし医療スタッフから勧告されたら、スマートに行動し、リスクを冒さないようにする。

自分の身を危険に晒したくないからね。

まだすべての情報が揃っていない。

次の日にどう感じるか確認してみて、そこからだ。

君たちも知っての通り、僕はどんなことがあってもプレイしようとする。

もしプレイできるならプレイするし、プレイできないならプレイしない。

様子を見ていくことにするよ。

ブルズではスターターのパトリック・ウィリアムスが手首の靭帯により長期離脱を余儀なくされた。

これによりラビーンにかかる負担が増えると見られるが、もしラビーンが痛みを抱えたままプレイしているのであれば、どこかの時点で治療は必要になるだろう。

今季のブルズはNBAプレイオフに復帰する可能性が高いとされているため、ラビーンの怪我が悪化しないことを祈りたいところだ。

なお、ラビーンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数5416
平均出場時間34.031.4
平均得点25.419.1
平均リバウンド5.23.8
平均アシスト4.43.8
平均スティール0.40.9
平均ターンオーバー3.02.7
FG成功率48.3%45.8%
3P成功率42.4%38.5%
フリースロー成功率96.7%82.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA