【スポンサーリンク】

ポール・ジョージ「ゲームプランを忠実に実行した」

ポール・ジョージ「ゲームプランを忠実に実行した」

ロサンゼルス・クリッパーズは現地3日、ライバルのロサンゼルス・レイカーズに勝利し、連敗を3で止めた。

この日のクリッパーズではマーカス・モリスとルーク・ケナードが勝負どころで3ポイントを成功させたわけだが、ダブルチームを仕掛けられた際にうまくボールを回したポール・ジョージの働きと、タイロン・ルーHCの戦略も大きかったと言えるだろう。

ジョージによると、クリッパーズの選手たちはゲームプランを忠実に実行し、勝利につなげたという。ジョージのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

レイカーズに気持ち良くプレイさせると、長くタフなゲームになってしまうだろう。

僕たちはゲームプランを忠実に実行したんだ。

ただ、僕たちは彼らに合わせて戦わなければならなかった。

彼らは彼らの力を取り戻すだろう。

僕たちの仕事はできる限りタフなプレイをさせることさ。

この日のクリッパーズはモリスの21得点を筆頭に、ケナード、ジョージ、レジー・ジャクソン、イビチャ・ズバッツ、アイザイア・ハーテンシュタインと6選手が二桁得点を記録。

ジョージは3ポイント7本をすべてミスするなどリズムを掴むことはできなかったものの、チームとして勝利できたのは大きな自信につながるに違いない。

なお、レイカーズ戦のジョージのスタッツは以下の通りとなっている。

レイカーズ戦
出場時間39:28
得点19
リバウンド8
アシスト9
スティール2
ターンオーバー3
FG成功率35.0%
(7/20)
3P成功率0%
(0/7)
フリースロー成功率83.3%
(5/6)
+/-+10

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA