【スポンサーリンク】

バロン・デイビス「ロバート・サーバーは何の価値もないクソ野郎」

バロン・デイビス「ロバート・サーバーは何の価値もないクソ野郎」

NBAは先日、フェニックス・サンズのオーナーを務めるロバート・サーバーに人種差別や女性蔑視などの言動の疑惑があるとし、法律事務所に調査を依頼した。

ESPNの記者がサンズの現従業員と元従業員70人以上にインタビューし、それに基づいた告発記事をリリースしたことが発端となり、サンズの状況は急速に悪化。

サンズの組織はサーバーと大半のオーナーの連名で反論声明を出したものの、サーバーの悪行を指摘する声は増加している。

元NBA選手のバロン・デイビスもサーバーを糾弾したひとりだ。

larrybrownsports.comによると、サーバーの問題について「驚いた?」と訊かれたデイビスは、以下のように反応したという。

君たちは驚いたのかい?

あのクソ野郎を見てみろ。

彼には何の価値もない。

僕は(2011年の)ロックアウトの時に彼の隣に座った。

彼はクソみたいな奴さ。

デイビスはサーバーとの間に何があったのかを明かさなかった。

デイビスによると、近日中に自身のポッドキャストを通し、この問題について言及するという。

サーバーには元NBA選手のビンス・カーターなども批判の声をあげている一方で、「彼といる時にそういった言動はみられなかった」とする関係者も少なくない。

すべては法律事務所の調査結果次第となるが、サーバーに対する批判はこれからも続々とあがるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA