【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビール「ウィザーズは僕を中心に構築してくれている」

ブラッドリー・ビール「ウィザーズは僕を中心に構築してくれている」

ワシントン・ウィザーズはオフシーズン中のトレードでNBAオールスターポイントガードのラッセル・ウェストブルックを放出したものの、カイル・クーズマやケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、モントレズ・ハレル、スペンサー・ディンウィディなど即戦力となれる選手たちの獲得に成功した。

彼らの獲得にはブラッドリー・ビールの意見が反映されているというが、ビールもその状況を喜んでいるのかもしれない。

ビールによると、ウィザーズはビールの意見を聞き入れ、ビール中心のチームを構築することに尽力しているという。ビールのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

このフランチャイズは僕を中心に構築しようとしてくれている。

他のチームに行った場合、そうしてもらえるとは限らない。

他のチームに行ったとしても、僕中心のロスターを構築することはないだろう。

彼らはすでに在籍している選手たちを中心にして構築する。

もちろん間違ったことではないよ。

だが、僕にはここで自分のレガシーを築くチャンスがある。

僕をドラフトしてくれたチームと一緒に仕事ができるなら、そうしない理由はない。

うまくいくならうまくいくし、うまくいかなかったとしても、僕は「少なくとも挑戦はした」と言うことができる。

それが僕であり、恩恵であり、呪いであり、僕の忠誠心さ。

僕たちは次の段階に進もうとしているところであり、正しい方向に進み続けるだろう。

ただ、僕たちには改善しなければならないことがまだたくさんあるんだ。

ビールはウィザーズからの延長契約オファーを断り、今年の夏にプレイヤーオプションを行使してFAになると見られている。

だが、延長契約オファーを断ったのはウィザーズと大型契約を結ぶためという見方がほとんどだ。

ここ最近のウィザーズは調子を落とし、順位をイースタン・カンファレンス9位に落としてしまっているが、ビールはウィザーズをNBAプレイオフに導くために全力で尽くし続けるだろう。

なお、ビールの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数37642
平均出場時間36.034.8
平均得点23.722.1
平均リバウンド4.74.1
平均アシスト6.5
(キャリアハイ)
4.2
平均スティール0.9
(キャリアワーストタイ)
1.1
平均ターンオーバー3.42.4
FG成功率45.5%45.6%
3P成功率30.3%
(キャリアワースト)
37.3%
フリースロー成功率83.2%82.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA