【スポンサーリンク】

タイロン・ルーHCがポール・ジョージに「審判に文句を言っている場合ではない」

タイロン・ルーHCがポール・ジョージに「審判に文句を言っている場合ではない」

NBAタイトル獲得を目指すロサンゼルス・クリッパーズは、今季5試合を終えた時点で1勝4敗と厳しい戦いを強いられた。

だがその後3連勝と、復調の兆しを見せ始めている。

NBAオールスターのカワイ・レナードが離脱していることにより、ポール・ジョージに大きな負担がかかるのは間違いないが、ジョージは例年と変わらないパフォーマンスでクリッパーズを牽引。

しかし、現地5日のミネソタ・ティンバーウルブズ戦はFG成功率20.0%(4/20)、3P成功率0%(0/7)とリズムを掴むことができなかった。

クリッパーズを指揮するタイロン・ルーHCは、ジョージのシュートより審判への対処を懸念しているのかもしれない。

ルーHCはジョージについて以下のように指摘。the Orange County Registerが伝えている。

彼は進み続けなければならない。

ドライブする時のようにね。

もちろん彼は相手から接触される。

多くの選手たちが相手から接触される。

我々はオフィシャルが難しい仕事であることを知っているし、理解している。

だが、PGに伝えなければならない最も大きなことは、バスケットに向かって進み続け、プレイし続けろということだ。

そのうえでコールされるかどうか見てみよう。

しかし、(コールされなかったとしても)文句を言っている場合ではない。

プレイし続けなければならないんだ。

ルーHCの指摘は正論であり、ジョージだけでなく多くのNBA選手に言えることだろう。

文句を言っている間に相手にスコアリングを許し、流れが変わってしまうケースもある。

選手たちが審判に文句を言うのを咎めるコーチはそう多くなく、ルーHCの指摘には多くのNBA選手たちも耳を傾けるべきなのかもしれない、

なお、ジョージの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数8714
平均出場時間35.033.5
平均得点27.920.3
平均リバウンド8.16.4
平均アシスト4.93.5
平均スティール3.01.7
平均ターンオーバー4.42.7
FG成功率47.1%43.7%
3P成功率38.0%38.4%
フリースロー成功率87.8%84.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA