【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンス「レイカーズのことは話したくない」

ケンドリック・パーキンス「レイカーズのことは話したくない」

元NBA選手のケンドリック・パーキンスは、レブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルックを擁するロサンゼルス・レイカーズを常にサポートしてきた。

ウェストブルックがタフな時間を過ごしている間もサポートし、元チームメイトであるジェイムスを常に称えてきたパーキンス。

だが、レイカーズの悲惨な結果を受け、パーキンスの気力は失せてしまったようだ。

パーキンスはレイカーズについて次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

レイカーズについて話をすることに疲れてしまった。

彼らは勝率50%から18ゲームも離れてしまっている。

場所を移す時が来た。

僕たちの興味をひく他のチームの話をする時が来た。

レブロンのことは話したくない。

ラスのことは話したくない。

アンソニー・デイビスのことは話したくない。

世界は彼らについて話すことに疲れてしまったんじゃないかな。

NBAスターたちを揃えたにも関わらず散々なシーズンを送った今季は、レイカーズのフランチャイズ史上ワーストのシーズンとも評価されている。

多くのNBAファンやアナリストがレイカーズを見限り始めた中、もし来季も結果を残すことができなければレイカーズの信用は完全に失墜してしまうだろう。

特に怪我続きのデイビスと十分なパフォーマンスを見せることができなかったウェストブルックにとって、来季はNBAキャリアをかけたシーズンともなりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA