【スポンサーリンク】

ペイサーズ NBAタイトル争いから後退か?

レギュラーシーズン後半から急速に調子を落としているインディアナ・ペイサーズだが、先日の対アトランタ・ホークス戦ではNBAタイトル獲得を狙うチームとは思えない内容で大敗を喫した。

中でも特に目立っていたのが、センターのロイ・ヒバートだ。

この試合ではわずか9分しか出場時間を与えられず、0得点、0リバウンド、1ターンオーバーという散々な結果に終わっている。

だが、ペイサーズの不調がヒバートひとりによるものだという考えはナンセンスだ。

現在のペイサーズの不振はダニー・グレンジャーの放出にあるという見方もあるようだが、スコアリング能力という面ではグレンジャーより新たに獲得したエバン・ターナーのほうが上だろう。

しかし、グレンジャーが果たしている役割はコート上だけではなかった。

ロッカールームでもグレンジャーの存在は大きく、特にプライベートでも親交の厚かったポール・ジョージにとっては大きな損失となったのかもしれない。

そう考えてみると、ペイサーズの好不調はメンタルに原因があると推測できる。

現時点ではNBAタイトル争いから後退したと思えるものの、ひとたびメンタルを取り戻せば、再び強いペイサーズが復活するのではないだろうか。

だが、それは簡単なようで非常に難しいことでもある。

プレイオフまでにペイサーズがどう調整してくるのか、それともこのままの状態を引きずってシーズンを終えてしまうのか、注目したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA