【スポンサーリンク】

ニックス イマン・シャンパートをサンダーにトレードか?

2014年2月のトレード期限直前、オクラホマシティ・サンダーはニューヨーク・ニックスのイマン・シャンパート獲得を狙っていた。

だが、シャンパートはトレード期限直前に膝を負傷。

それ以来、シャンパートにはトレードの噂がつきまとっている。

そのサンダーが再びシャンパート獲得に乗り出すと報じられたようだ。

サンダーはドラフト29位指名権とのトレードでシャンパート獲得を狙っているという。

ニックスのフィル・ジャクソン球団社長は、シャンパートのディフェンスを気に入っているようだが、オフェンスにおいてのバスケットボールIQはそれほど高くない。

また、ニックスで導入されると見られているトライアングル・オフェンスにシャンパートはマッチしないと考えているようだ。

今年のドラフトでニックスはPJ・ハーストンの獲得を狙っていると噂されている。

約198cmのシューティングガードは、2013-14シーズンをDリーグでプレイ。

ドラフトではおそらく21位から29位の間で指名されることになるだろう。

もし噂が本当ならば、サンダーが提示しているドラフト29位指名権と引き換えにシャンパートをトレードする可能性もある。

カーメロ・アンソニーとの契約も課題となっている中、このオフのニックスには大きな動きがありそうだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By バスケ大好き

    う~ん、シャンパードは残しておいた方がいいと思うんですけどね。
    まだ若いし、ニックスの中では割と計算できるタイプの選手ですので。

    まあIQが高い選手とは思いませんが、それを言い出したらメロなんかもそうですし。
    それにトライアングルへの相性はメロらも悪いです。

    疑問の補強を常にしているチームですが、その流れを踏襲しているトレードだと思ってしまいます。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)
      フィッシャーがHCになったので、今後注目ですね!

*

CAPTCHA