【スポンサーリンク】

JR・スミス「レブロン・ジェイムスのことは理解している」

ベテランガードのJR・スミスは先日、タイトルコンテンダーのロサンゼルス・レイカーズと契約した。

レイカーズはNBAを代表するスーパースターのレブロン・ジェイムスが率いるチームであり、スミスにとってジェイムスはクリーブランド・キャバリアーズ時代に苦楽を共にした仲間でもある。

そのため、ジェイムスがどれほどハードに働き、どんなことに怒りを覚えるのか理解しているという。

スミスはジェイムスについて次のようにコメント。the Los Angeles Timesが伝えている。

ブロンがどのように怒るか僕は知っているが、人々はその対処方法を知らない。

そこに理解のギャップが生じるんだ。

彼は勝利がすべてさ。

僕たちは皆、MJ(マイケル・ジョーダン)のドキュメンタリーを見た。

彼はチームメイトたちにすごく厳しかったよね。

だが、レブロンのケースは違う。

なぜなら、彼は勝つためにやりたいことすべてをやるんだ。

それが違った形で出てきてしまうこともある。

つまり、他の選手に伝えるためには架け橋となる選手が必要なのさ。

キャブス時代のスミスは自身を「レブロンのナイト」と呼び、常にジェイムスをサポートしてきた。

すべてを理解してくれる盟友がいるということは、ジェイムスにプラスに働くだろう。

NBAゲームから長く離れている点が気がかりではあるものの、スミスとジェイムスのコンビに期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA