【スポンサーリンク】

クリス・ポール「スパイク・リーと会うのが楽しみだった」

ニューヨーク・ニックスの大ファンとして知られている映画監督のスパイク・リーは先日、今季はマディソンスクエアガーデンでニックスのゲームを観戦しないことを明らかにした。

ニックスの対応に憤り、マディソンスクエアガーデンで行われた先日のオクラホマシティ・サンダー戦に姿を見せなかったリー。

サンダーのクリス・ポールによると、マディソンスクエアガーデンを訪れるたびにリーとの会話を楽しんでいたという。

ポールはリーの不在について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

「スパイクとは知り合いだよ。数日前にスパイクと話をした。彼が観戦に来るのを楽しみにしてた。ここ2年、俺はここでプレイしてなかった。リーグでの15年間、ここでプレイしたのは8回くらいかもしれないね。ここでのゲームに出場できないのを残念に思ったものさ。スパイクに会えるのを楽しみにしてたんだ」

リー不在の中、ゲームを制したのはアウェイのサンダーだった。

ポールはこの日、21得点、12アシスト、3スティールを記録し、勝利に貢献。

久しぶりのマディソンスクエアガーデンでのゲームであったため、リーに自身のプレイを見せたかったことであろう。

リーの不在を嘆く声は、これからも各方面から聞こえることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA