【スポンサーリンク】

痙攣退場のレブロン・ジェイムス ゲータレードに商用利用される

2003年のNBAドラフト当時、ゲータレードはレブロン・ジェイムスのスポンサーにならないことを決断した。

だが、それから10年の間にジェイムスはMVPを4度受賞し、いまやNBAトッププレイヤーとして君臨している。

日本時間6日に行われた2014年NBAファイナル第1戦、ジェイムスは脱水症状から来る左脚の痙攣により、第4Q終盤に退場。

AT&Tセンターの空調設備が故障したため、30度を超える猛暑のなかでの試合となったわけだが、痙攣で退場したジェイムスを利用し、ゲータレードが商売をしていたようだ。

ゲータレードはこの試合中にTwitterで、「痙攣を起こした男は我々のクライアントじゃない。我々のアスリートは暑さに耐えている」と投稿。
※ゲータレードはドウェイン・ウェイドと契約中

そして「レブロンが(水分補給を)必要としたとき、どこにいたの?」と聞かれたゲータレードは、「我々はサイドラインで待っていた。だが、彼は他のドリンクを飲んでいたよ」と返答している。

このツイートに対し、ニューヨーク・ジャイアンツのプリンス・アムカマラは、「レブロンには(ゲータレードに)変えてもらいたいね」とツイート。

ゲータレードは、「君はいつも美味しいドリンクを飲んでるもんな、プリンス」とリプライした。

ゲータレードは、ジェイムスの痙攣を防ぐことができたと信じている。

だが、ジェイムスが契約しているのはゲータレードのライバルでもあるパワーレードだ。

これにはパワーレード側も黙っていないだろう。

なお、ゲータレードのツイートは削除され、一連の騒動について謝罪している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA