【スポンサーリンク】

ボビー・ポーティスがニコラ・ミロティッチとの喧嘩を振り返り「僕たちは若かった」

ボビー・ポーティスがニコラ・ミロティッチとの喧嘩を振り返り「僕たちは若かった」

ミルウォーキー・バックスのボビー・ポーティスはシカゴ・ブルズに所属していた2017年、練習中にチームメイトのニコラ・ミロティッチと喧嘩し、ミロティッチに顔面骨折という大怪我を負わせた。

この一件によりミロティッチはポーティスと共にプレイすることを嫌い、ブルズに「僕か彼(ポーティス)か選べ」と迫ったというが、その後ポーティスが公の場で謝罪。

ミロティッチも謝罪を受け入れ、一件落着かに思われた。

だが、ミロティッチがトレードでニューオーリンズ・ペリカンズに移籍して以降は一度も話をしていないという。

ポーティスは当時を振り返り、次のようにコメント。talkbasket.netが伝えている。

すごくクレイジーだったのは、彼が怪我から復帰した時、僕と彼が一緒にプレイしたということだ。

それ以降、彼とは話をしていない。

だが、僕としてはまったく恨みはないよ。

あの時の僕は22歳、彼は26歳くらいだったのかな。

僕たちはふたりとも若かったんだ。

今もモヤモヤしているよ。

ミロティッチはアメリカでの生活に適応することができず、現在は母国スペインでプレイしている。

ポーティスとミロティッチには接点がなくなったため、今後もコミュニケーションを取ることはないだろう。

だが、ポーティスとミロティッチには現役引退後に対談し、当時を笑いながら語り合ってもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA