【スポンサーリンク】

タイリース・ハリバートンが逆転までの残り5秒の思考を明かす

タイリース・ハリバートンが逆転までの残り5秒の思考を明かす

インディアナ・ペイサーズは現地28日、NBAスターのレブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルック擁するロサンゼルス・レイカーズに大逆転勝利を収めた。

第4Q中に17点のリードを奪われたものの、驚異的な追い上げを見せ、アンドリュー・ネムハードのブザービーターで白星を勝ち取ったペイサーズ。

ネムハードの3ポイントをアシストしたタイリース・ハリバートンによると、ネムハードにパスするまでさまざまな考えを張り巡らせていたという。

ハリバートンはラストプレイを振り返り、次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

時間がどれくらい残っているか分からなかった。

(時計が)ちらっと見えた。

(オフェンシブリバウンドを奪ってから)ますは残り5秒でシュートを狙うつもりだった。

だが、ドリブルを1度ついた時、4秒残っていると考えていた。

まだ時間はある。

だから、もう2回ドリブルした。

バディ(・ヒールド)がコーナーに、ベン(ベネディクト・マスリン)がブロックにいて、AD(アンソニー・デイビス)が彼らの間にいた。

僕はバディにパスしたかったのだが、もしバディにパスしたらADがコンテストしてきてタフショットになると思ったんだ。

だから、リバースピボットからキックアウトしようとした時、レブロンがペイント内にいるのが見えた。

もしブロンが(アウトサイドに)2歩ステップしたら、ベンにロブパスを出そうと考えていた。

彼は少し遅れていたから、ドリュー(ネムハード)に撃たせるためにパスを出したんだ。

リバウンドがこぼれてくる幸運があったものの、その幸運を引き寄せたのもペイサーズの努力の結果と言えるだろう。

今季NBAトップの平均アシストを記録しているハリバートンはこれからもペイサーズを牽引し、冷静沈着なパフォーマンスでNBAプレイオフ進出に導くに違いない。

なお、この日のハリバートンのスタッツは以下の通りとなっている。

LAL戦
出場時間35:22
得点24
リバウンド7
アシスト14
スティール1
ブロックショット1
ターンオーバー0
FG成功率45.5%
(10/22)
3P成功率42.9%
(3/7)
フリースロー成功率33.3%
(1/3)
+/-+5

【スポンサーリンク】

コメントを残す