【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビスが退場処分のパトリック・ベバリーについて「やるべきことをやった」

アンソニー・デイビスが退場処分のパトリック・ベバリーについて「やるべきことをやった」

ロサンゼルス・レイカーズのパトリック・ベバリーは、現地22日に行われたフェニックス・サンズ戦でフレイグラントファウル2をコールされ、退場処分となった。

ディアンドレ・エイトンがコートに倒れたオースティン・リーブスを見下すように立つと、ベバリーはエイトンの背中を押し、コートに倒したのだ。

この件について、アンソニー・デイビスが言及した模様。

デイビスによると、チームメイトがあのような形で侮辱された時は立ち上がらなければならないという。デイビスのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

彼(ベバリー)はやるべきことをやった。

僕たちは互いのために立ち上がらなければならない。

パットはそうすることで知られている。

誰かが僕たちを見下し、僕たちの仲間に人間ではないように感じさせるのを、僕たちは決して許さない。

失礼だ。

また、闘将ウェストブルックもベバリーの行為を支持している。

僕個人としては大好きだ。

僕たちが互いを守っているということを理解するのは、チームとして最も重要なことだ。

今回の件を受け、NBAはベバリーに何かしらの処分を科す可能性がある。

だが、レイカーズの選手たちは結束を強め、チームとしてより成熟するに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA