【スポンサーリンク】

ケンバ・ウォーカー「誰も僕に手を差し伸べてくれない」

ケンバ・ウォーカー「誰も僕に手を差し伸べてくれない」

元NBAオールスターポイントガードのケンバ・ウォーカーは、この夏のトレードでニューヨーク・ニックスからデトロイト・ピストンズに移籍した。

ウォーカーはその後、バイアウトでFAになると見られていたものの、NBA2022-23シーズン開幕が迫った今もバイアウトには至っていない。

ウォーカーによると、他のNBAチームから保証付き契約のオファーがあるまでバイアウトに応じるつもりはないという。

ウォーカーは自身の状況について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

僕はまだやれる。

調子はすごく良い。

僕はチャンスを待っている。

急いではいないよ。

今はコツコツと働き、調子を上げているところだ。

調子はすごく良い。

長い間感じていたのと同じくらい調子が良い。

僕はただチャンスを待っているところなんだ。

誰も僕に手を差し伸べてくれない。

僕はただもう一度バスケットボールをプレイしたいだけだ。

ベンチだろうとそうでなかろうと構わない。

僕はベンチ選手としてキャリアを始めた。

だから気にしない。

ただバスケットボールをプレイできるようになりたい。

素晴らしいチームメイトたちとプレイし、楽しみたいんだ。

若手中心に再建中のピストンズは、ウォーカーをトレードで放出するとも噂されている。

だが、今日に至るまでトレードも実現していない。

現在32歳のウォーカーは一日でも早く去就を決め、NBA2022-23シーズンに集中したいところだろう。

果たしてウォーカーに保証付き契約をオファーするNBAチームは現れるのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA