【スポンサーリンク】

ベン・シモンズがエアボール批判について「すべてを受け入れるわけにはいかない」

ベン・シモンズがエアボール批判について「すべてを受け入れるわけにはいかない」

ブルックリン・ネッツのNBAスター、ベン・シモンズは、シュートを課題のひとつにしている。

先日開催された公開練習で話題になったエアボールは、まさにそれを象徴するシーンのひとつと言えるだろう。

https://twitter.com/LeBronPoints/status/1579765417207566337

シモンズは何気なく放ったシュートがエアボールになったことで批判を浴びているが、シモンズによると、エアボールの動画はただ一部を切り取っただけであり、それに対する批判を気にする必要はないという。シモンズのコメントをESPNが伝えている。

先日、公園での僕のエアボールの映像が出回った。

あの時は10人くらいがエアボールを数回していた。

その中のひとつの映像を見て、「ベン・シモンズにはできない」と言っているようなものだ。

やめてくれ。

僕がどのショットもエアボールしていると思っているのか?

そうではない。

だが、こういった話はつきものだから、強い心を持たなければならない。

ただ、すべてを受け止めるわけにはいかない。

それがソーシャルメディアさ。

チームメイトたち、コーチングスタッフたち、組織がサポートしてくれている。

だから、コートで自分の仕事をし、結果を残すのは僕次第だ。

君たちも知っての通り、彼ら(ケビン・デュラントとカイリー・アービング)は僕にすごく良くしてくれている。

ロイス(・オニール)も素晴らしい。

ホームのように感じる。

ここに来て仕事をするのが普通のことだと感じる。

僕たちはただ仕事に取り組み、ケミストリーを構築するだけさ。

シモンズによると、ネッツを勝利に導くパフォーマンスを見せることでヘイターたちを黙らせることをモチベーションのひとつにしているという。

同じく批判を集めがちなアービングからソーシャルメディアとの付き合い方を学んだというシモンズ。

今季はシーズンを通して健康を維持し、ネッツに勝利をもたらしてもらいたいところだ。

なお、シモンズのプレシーズンのスタッツは以下の通りとなっている。

PHI戦MIA戦MIL戦
出場時間192528
得点647
リバウンド4108
アシスト5410
スティール112
ブロックショット000
ターンオーバー262
FG成功率50.0%
(3/6)
66.7%
(2/3)
60.0%
(3/5)
3P成功率
フリースロー成功率0%
(0/2)
25.0%
(1/4)
+/--10-18+6

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    メンタルって、簡単に強くならないよねw
    最近の言動とスタッツも、メンタルもスキルも何も変わってないことを証明してて草
    「ヒマだったんだからシュート練くらいしとけよ」と思うのはオレだけか?

  2. By 匿名

    そのメンタルをPHI時代から持ってろよ、マジで。

*

CAPTCHA