【スポンサーリンク】

ジョン・ウォール「悪魔と戦っているようだった」

ジョン・ウォール「悪魔と戦っているようだった」

ロサンゼルス・クリッパーズの元NBAオールスターポイントガード、ジョン・ウォールは先日、NBAキャリアを危機に陥れた数々の怪我や母の死などを振り返り、命を絶とうと一時考えたことを明かした。

ウォールによると、アキレス腱を断裂した際は3つの感染症も患ってしまったというが、精神的にひどく落ち込んだウォールは当時、すべてを自分ひとりの力で解決できると感じていたという。

レブロン・ジェイムスの番組「The Shop」にゲスト出演したウォールは当時を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

母が他界し、僕は辛い時間を過ごした。

辛い背景があったが、僕たちは僕たちの力で乗り越えられると思っている。

その方法を見つけたんだ。

助けが必要な時があること、セラピストの助けが必要な時があること、誰かと話をしなければならない時があることを悟ったんだ。

(メンタルヘルスの問題を抱えている時は)まるで悪魔と戦っているようだった。

僕は悪魔に勝てなかった。

だから助けが必要なことが分かったんだ。

もしウォールが悩みを自分一人で抱え込んでいたなら、精神的に復活するのは難しかっただろう。

だが、ウォールは自身の状況を理解し、仲間や専門家に相談することができた。

ウォールがどれほど辛い時間を送ったのかは想像することもできないが、多くの困難を乗り越えたウォールはクリッパーズの一員としてNBAキャリアを取り戻すに違いない。

なお、ウォールのプレシーズンのスタッツは以下の通りとなっている。

POR戦MIN戦
出場時間1420
得点520
リバウンド11
アシスト33
スティール00
ブロックショット00
ターンオーバー24
FG成功率25.0%
(1/4)
45.5%
(5/11)
3P成功率100%
(1/1)
33.3%
(1/3)
フリースロー成功率100%
(2/2)
100%
(9/9)
+/-

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA